<レーシックガイド>レーシックはどのように行われるのか

「レーシックって失明をしてしまう危険性があるのでは?」と不安を抱えている人もかなり多いかと思います。
絶対に失明はしない!とは言えませんが、日本国内では失明の事例は0件ですので過度な心配は必要ありません。 レーシックでは、まず最初に眼球に麻酔をかけますが、これは目薬なので注射のように痛みを感じることはありません。
目薬の液体の中に含まれている麻酔となる成分で効果が出て、このことを点眼麻酔と言います。
実際にどのようにしてレーシックが行われているのか大まかな手術法を覚えておくようにしましょう。
「レーシック手術の話を聞きに行ったらイメージと全く違う」とならないように勉強をしておきましょう。

 

実際のレーシックではレーザーで角膜を削りめくっていき、そのめくったところにレーザーを照射し、フラップを調整していきます。
最終的には抗生剤が含まれた目薬を挿して終了となり、その時間は15分〜30分程度と非常に短くなっています。



<レーシックガイド>レーシックはどのように行われるのかブログ:12 11 18

減量を始めると、
どうしても早く結果を求めてしまいがち…

食べたいものが食べられない、動きたくないのに体操しなくては…と、
しんどいことをする側面がありますから、
できるだけ早く結果を出して
できるだけ早く減量を終わらせたいという気持ちも、
わからないではありません。

減量関連の商品では、
「ひと月で○○キロやせる」
といったコピーもよく見かけますが…

短期間でたくさんの体重を落とすことは、
人間の身体にとっては、かなりの負担なんですよね。

そもそも、減量というのは
健康になるという意味合いがあります。
ところが、身体を壊してしまっては
何のための減量かわからなくなってしまいますよね?

医学的な見地から見ると、
自分の体重の一割減をひと月の間に実現することが
理想的な減量なんだそうです。

ですから、
ひと月に10キロ以上の減量をしてもOKなのは、
体重が100キロ以上の人だけなんです。

つまり、
減量商品のコピーでよく見られる、
ひと月とかに二桁もやせるなんていうことはありえませんし、
またできたとしても、
身体への影響を考えるとあまりお勧めはできないのです。

あせらずにゆっくりとやることが、減量の鉄則なんです。
あせらなくていいんですから、
別に激しい減量をする必要もありません!

また、
「減量=しんどい」というのは誤解です。
少しがんばるだけでもいいので、
長期的に続けることのほうが大切なのです。

「わたくしにはこらえ性がないから、減量なんて無理!」
と思っている人は、
その凝り固まった考え方を改めることから、
減量を始めましょう!