<レーシックガイド>レーシックはどのように行われるのか

「レーシックって失明をしてしまう危険性があるのでは?」と不安を抱えている人もかなり多いかと思います。
絶対に失明はしない!とは言えませんが、日本国内では失明の事例は0件ですので過度な心配は必要ありません。 レーシックでは、まず最初に眼球に麻酔をかけますが、これは目薬なので注射のように痛みを感じることはありません。
目薬の液体の中に含まれている麻酔となる成分で効果が出て、このことを点眼麻酔と言います。
実際にどのようにしてレーシックが行われているのか大まかな手術法を覚えておくようにしましょう。
「レーシック手術の話を聞きに行ったらイメージと全く違う」とならないように勉強をしておきましょう。

 

実際のレーシックではレーザーで角膜を削りめくっていき、そのめくったところにレーザーを照射し、フラップを調整していきます。
最終的には抗生剤が含まれた目薬を挿して終了となり、その時間は15分〜30分程度と非常に短くなっています。



<レーシックガイド>レーシックはどのように行われるのかブログ:22 8 18

なんか、今日は気分が悪いです

減量の停滞期は
個人差はありますが、
約ひと月程の期間があります。

普段ならあっという間に過ぎるひと月でも、
減量中に体重が減らない期間が
ひと月も続くというのはとても辛いですよね。

つい減量を
挫折してしまいそうになることもあるでしょう。

でも減量の停滞期には、
必ず終わりが来ます。

停滞期の後にはまた減量期が訪れますから、
停滞期を脱出しようと焦らずに、
余裕を持って
減量を続けることが大切ですよ!

何度か停滞期を経験していると
自分の停滞期の周期も分かってくるので、
あえて体重を計らず停滞期の脱出を待つというのも
一つの方法かも知れません。

でも、
やっぱり停滞期からは早く脱出したいですよね。

そんな方におすすめの
減量の停滞期の脱出方法は、アミノ酸の摂取です。

アミノ酸が体の中に入ると、
飢餓状態になっていることが認識されにくくなるので
停滞期から脱出することができるといわれています。

鳥のササミやヨーグルトなど
低カロリーでアミノ酸が豊富な食品を摂取すると効果的でしょう。

停滞期は
減量が成功している証でもあります。

減量には停滞期があるということを
しっかり認識していれば、
いざというとき焦ることなく
乗り切ることができます。

理想の体を手に入れるためにも、
決して焦ることなく停滞期を脱出して
減量を成功させましょう。

減量の停滞期は
ストレスもたまりがちなので、
ゆったりとした気持ちを持つことが大切ですよ。

ニンニン