<レーシックガイド>事前にレーシックの給付金を確認

<レーシックガイド>事前にレーシックの給付金を確認



<レーシックガイド>事前にレーシックの給付金を確認ブログ:24 2 16


減量を実践していると、
必ず体重の変化がなくなる時期が訪れます。
それが、減量の停滞期なのです。

大抵の場合、減量を始めると、
最初のうちはドンドン体重が落ちていきます。
それが楽しくて楽しくて仕方がないのですが、
停滞期になると、体重の減少の変化が
ピタッと止まってしまうんですよね。

自分では減量を頑張っているつもりなのに、
増えてしまうことすらあるかもしれません。

でも、減量をしていると、
必ず停滞期はやってくるのです。

逆に、停滞期のない減量は危険です。
もし、停滞期がなく、ずっと体重が落ち続けているのなら、
体質を壊してしまわないうちに、
減量方法を見直した方が良いですよ!

減量の停滞期の期間は、人それぞれですが、
停滞期を早く乗り越える方法もあります。

それは、基礎代謝を上げることです。
減量の停滞期には基礎代謝が下がっていますので、
適度なトレーニングなどで基礎代謝を上げれば、
停滞期から早く抜け出せるでしょう。
とはいえ、過剰なトレーニングは危険ですよ!

また、体重ではなく、
体脂肪を減らさなければ、
減量の意味がありません。

体重が減らないからと、
極端な食事制限をすれば、まず筋肉から落ちてしまい、
基礎代謝が下がるので、太りやすい体質になってしまうだけです。

適度なトレーニングをすることで筋肉がつけば、
一時的に体重が増えたように思っても、基礎代謝が上がるので、
いずれ体重も減り、スタイルがよくなるでしょう。

なので、
停滞期になってしまっても、焦らないで、
それまで通りの減量法を続けることが賢明なんです!

<レーシックガイド>事前にレーシックの給付金を確認

<レーシックガイド>事前にレーシックの給付金を確認

★メニュー

<レーシックガイド>レーシックの安全性は非常に高い
<レーシックガイド>割引制度を利用してレーシック手術
<レーシックガイド>レーシックはどのように行われるのか
<レーシックガイド>まだまだ新しい技術のレーシック
<レーシックガイド>これからは裸眼で快適に生活
<レーシックガイド>手術なので確実に成功するとは限らない
<レーシックガイド>何よりもクリニックのサポート体制に注目
<レーシックガイド>レーシック治療の実績数は要チェック
<レーシックガイド>日帰りで出来るレーシック手術
<レーシックガイド>事前にレーシックの給付金を確認


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)安全なレーシックを探している方へ