<レーシックガイド>レーシックはどのように行われるのか

<レーシックガイド>レーシックはどのように行われるのか


<レーシックガイド>レーシックはどのように行われるのか
「レーシックって失明をしてしまう危険性があるのでは?」と不安を抱えている人もかなり多いかと思います。
絶対に失明はしない!とは言えませんが、日本国内では失明の事例は0件ですので過度な心配は必要ありません。 レーシックでは、まず最初に眼球に麻酔をかけますが、これは目薬なので注射のように痛みを感じることはありません。
目薬の液体の中に含まれている麻酔となる成分で効果が出て、このことを点眼麻酔と言います。
実際にどのようにしてレーシックが行われているのか大まかな手術法を覚えておくようにしましょう。
「レーシック手術の話を聞きに行ったらイメージと全く違う」とならないように勉強をしておきましょう。

実際のレーシックではレーザーで角膜を削りめくっていき、そのめくったところにレーザーを照射し、フラップを調整していきます。
最終的には抗生剤が含まれた目薬を挿して終了となり、その時間は15分〜30分程度と非常に短くなっています。




<レーシックガイド>レーシックはどのように行われるのかブログ:18 2 18

ぼくは、糖尿病を持っています。
半年ぐらい前に主治医から食べる事療法を勧められ、
「一日の食べる事を1600キロカロリーにしましょう」
と指導されました。

ところが、
ぼくの人生の大いなる楽しみの一つは、
おいしい食べる事をすることです。
加えて、ビールをこよなく愛しています。

なので、
多少は食べる事の摂り方には注意を払いながらも…
カロリー計算は一切せず、食べる事療法としては、
まぁ、野放しに近い状態で昨年は過ごしてきました。

ところが、そんな生活を送っていると、
定期的に測定する血糖の値は徐々に高くなっていき、
疲れが抜けなかったり、疲れやすい状態がどんどん酷くなってきたんですね。
何とも連日、身体がだるい…

年末、ある人から本をもらったのですが、
その本は、糖尿病の闘病を素材にした小説でした。

プレゼントしてくれたのは、
いつもぼくの身体を心配してくれている友達で、
「コントロールしているようで良い感じがしないかなぁ?」と言いつつも
その本をプレゼントしてくれたのでした。

その小説は明るいトーンで書かれていて、とても面白い小説でした。
主人公が糖尿病と診断されて、糖尿病の食べる事に慣れるための教育入院をし、
カロリー計算をしながら食べる事療養をしていくという内容でした。

主人公も美食家でビール好きのところがぼくにとてもよく似ていて、
まるで自分の事のように感じながら面白く読みました。

特に主人公がカロリー制限をもろともせず、
逆にそれを楽しみながら工夫して生活している様子は、
ぼくの心をくすぐりました。

これなら「食べる事制限」も「制限」ではなく、
「挑戦」として楽しめるのではないかなぁ…
そんな事を思いました。

<レーシックガイド>レーシックはどのように行われるのか

<レーシックガイド>レーシックはどのように行われるのか

★メニュー

<レーシックガイド>レーシックの安全性は非常に高い
<レーシックガイド>割引制度を利用してレーシック手術
<レーシックガイド>レーシックはどのように行われるのか
<レーシックガイド>まだまだ新しい技術のレーシック
<レーシックガイド>これからは裸眼で快適に生活
<レーシックガイド>手術なので確実に成功するとは限らない
<レーシックガイド>何よりもクリニックのサポート体制に注目
<レーシックガイド>レーシック治療の実績数は要チェック
<レーシックガイド>日帰りで出来るレーシック手術
<レーシックガイド>事前にレーシックの給付金を確認


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)安全なレーシックを探している方へ