<レーシックガイド>まだまだ新しい技術のレーシック

<レーシックガイド>まだまだ新しい技術のレーシック


<レーシックガイド>まだまだ新しい技術のレーシック
レーシックに人気が集中し始めてきた現在、それを逆手にとった悪質なレーシッククリニックが出てきています。
成功事例を多く公開し、実は全てが偽りで経験がほとんど無いような医師が手術をしていることもあるので注意が必要です。 レーシックは術中・術後の痛みはほとんど無く、視力が回復し、手術による目へのダメージが少ない治療法なのです。
着々とレーシックも広がりを見せており、次第に白内障の手術件数を上回り、 レーシックが占めることになるだろうと予想されているのです。
日本では2000年に厚生省にレーシックが認可され、年間2万5千人の人が手術を受けています。
各クリニックのホームページを確認してみますと、実に95%以上の人が裸眼で1.0以上まで視力回復をしているのです。

レーシックの手術法は、具体的には眼の中のレンズとも言える角膜に安全性の高いレーザーをあてていきます。
屈折率を変化させていき、ピントを徐々に合わせていくことで、視力回復を実現出来る手術となります。




<レーシックガイド>まだまだ新しい技術のレーシックブログ:08 7 18

減量に挫折する人の中には、
結果が出ないことに対して失望するという人が多いようです。

みなさんは
結果が出なくて、減量に挫折したことがありませんか?

確かに、
一生懸命頑張ったのに、結果が出なければ、
自分が嫌になったりする気持ちはわかります。

しかし減量というのは、
まだ未解明なところもたくさんあるんですよね。

巷にはいろいろな減量法がありますが、
いまだかつて、誰にでも効いた減量法などは出てきていません。
減量法というのは、
ある人には効果がある一方、他の人には効果が出ないものなんです。

ですから、
一つの減量法に挑戦をして結果が出なかったとしても…
それで、減量に向いていないという結論にはつながりません。
あくまでも
「その減量法が自分には向いていなかっただけ」
なのです。

かつて、
アトキンス減量というのが、世界中で注目を集めたことがあります。
アトキンス減量というのは、
炭水化物を取らないという減量法です。

話題になったくらいですから、
実際に減量効果があった人も少なくないでしょう。

しかし一方で、医学界の中には
体質を壊すから危険という意見もあるようです。
世界的に有名な減量法でも、
このように専門家の間で賛否両論が出るくらいなんです。

ですから、2つや3つの減量法を実際にやってみて
うまくいかなかったとしても、そんなに悲観をする必要はどこにもありません。

「この減量法は僕には向いてないんだ」
「次の減量法を試してみよう」くらいの
軽い気持ちで臨む姿勢を持ちましょう!

<レーシックガイド>まだまだ新しい技術のレーシック

<レーシックガイド>まだまだ新しい技術のレーシック

★メニュー

<レーシックガイド>レーシックの安全性は非常に高い
<レーシックガイド>割引制度を利用してレーシック手術
<レーシックガイド>レーシックはどのように行われるのか
<レーシックガイド>まだまだ新しい技術のレーシック
<レーシックガイド>これからは裸眼で快適に生活
<レーシックガイド>手術なので確実に成功するとは限らない
<レーシックガイド>何よりもクリニックのサポート体制に注目
<レーシックガイド>レーシック治療の実績数は要チェック
<レーシックガイド>日帰りで出来るレーシック手術
<レーシックガイド>事前にレーシックの給付金を確認


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)安全なレーシックを探している方へ