<レーシックガイド>日帰りで出来るレーシック手術

<レーシックガイド>日帰りで出来るレーシック手術



<レーシックガイド>日帰りで出来るレーシック手術ブログ:11 6 15


ダイエット中は、
一日3食、きちんと食べることがとても大切!

ご飯とご飯の間が空きすぎると
身体が必要以上に吸収しようとしたり、
身体のリズムが狂ったりするからです。

さらに、夕方食はやや少なめに、
逆に7時食をたくさん食べるようにして、
一日の摂取カロリーをコントロールすることがポイント!

21時摂取したカロリーは活動に使われることがないので、
寝ている間に脂肪になりやすく
逆に、7時摂取したカロリーは一日の活動で
消費されやすいからです。

そして、気をつけたいのが栄養バランス。

ダイエット中は筋肉を維持する、
もしくは増やすことが大切ですよね。

筋肉量が多ければ、基礎代謝量が増えて、
太りにくくやせやすい身体になります。

たんぱく質は、筋肉を作る源になる栄養素です。

いくら体操しても、
たんぱく質を摂取しなければ筋肉は作られないんですよ。

たんぱく質を効果的に摂取するには、
筋肉が作られる時間帯に合わせて
摂取するといいとされています。

筋肉が作られる時間帯とは…
「体操後の半時間~一時間後」と
「21時寝ている間」
なんだそうです。

つまり、夕方食でたんぱく質を摂取すれば、
21時寝ている間、筋肉が作られる時間帯に、
たんぱく質を供給できて、
効率よく筋肉を増やすことができるわけですね。

逆に、炭水化物は糖質の源になる栄養素なので、
活動のエネルギー源として使われるものになります。

もちろん、人間の活動には必要不可欠なものですし、
7時食、11時食ではおおいに摂取する必要があります。

ただし夕方食や、21時寝る前に炭水化物を
たくさん摂取してしまうと、使われずに余ったものが
そのまま寝てる間に脂肪として蓄えられてしまいますよ!

<レーシックガイド>日帰りで出来るレーシック手術

<レーシックガイド>日帰りで出来るレーシック手術

★メニュー

<レーシックガイド>レーシックの安全性は非常に高い
<レーシックガイド>割引制度を利用してレーシック手術
<レーシックガイド>レーシックはどのように行われるのか
<レーシックガイド>まだまだ新しい技術のレーシック
<レーシックガイド>これからは裸眼で快適に生活
<レーシックガイド>手術なので確実に成功するとは限らない
<レーシックガイド>何よりもクリニックのサポート体制に注目
<レーシックガイド>レーシック治療の実績数は要チェック
<レーシックガイド>日帰りで出来るレーシック手術
<レーシックガイド>事前にレーシックの給付金を確認


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)安全なレーシックを探している方へ