<レーシックガイド>日帰りで出来るレーシック手術

<レーシックガイド>日帰りで出来るレーシック手術



<レーシックガイド>日帰りで出来るレーシック手術ブログ:01 1 16


ぼくは、心と体質が別々のもののように感じていました。

そうとは意識していませんでしたが、
例えば、心はがんばろうと思うのに、
体質が動いてくれない、悔しい、情けない…
そんなことを何千回となく思った日々がありました。

がんばれないのは、うまくいかないのは、
この体質のせい…と体質を責めていました。

同時に、でもやっぱり体質をうまく動かせない心が悪いんじゃない?
という疑念もあって、心も責めていました。

また、体質に嫌悪感を感じていました。
体質って当然のごとく汗もかくし、排泄もする。
欲しくはない脂肪だってつくし、顔にはシワもシミもできる。

入浴しなければ汚れて臭う。
ニンニクでも食べればかなりの口臭がする。げっぷも出る。
体質の調子が悪い時は吐き戻すこともある。

そういった生理的な体質の反応すべてに対して、
何か「汚い」という感覚がありました。

赤ちゃんや幼いお子様は肌もつるつるしててキレイですが、
大人になるにつれて、年をとるにつれて、体質全体がどんどん汚れていく…
そんなふうにも感じていたように思います。

ですから、大人になることへの拒否感も持っていましたね。

さらに、
どこか自分に生身感がありませんでした。
体質で生きてる実感がイマイチないというか…
自分のことをサイボーグのように感じていました。

ともかく、そのせいだと思いますが、
体質を大切にしようという気が起きませんでした。

頭では、理屈はわかってはいました。
体質をケアすることは大切なことだと…
気持ちのコンディションにも影響しますしね。

でも、体質のケアをすることにあまりやる気を感じられなくて、
がんばってやっていても、ムダなことをしているような、
無意味な感じをよく感じていました。

<レーシックガイド>日帰りで出来るレーシック手術

<レーシックガイド>日帰りで出来るレーシック手術

★メニュー

<レーシックガイド>レーシックの安全性は非常に高い
<レーシックガイド>割引制度を利用してレーシック手術
<レーシックガイド>レーシックはどのように行われるのか
<レーシックガイド>まだまだ新しい技術のレーシック
<レーシックガイド>これからは裸眼で快適に生活
<レーシックガイド>手術なので確実に成功するとは限らない
<レーシックガイド>何よりもクリニックのサポート体制に注目
<レーシックガイド>レーシック治療の実績数は要チェック
<レーシックガイド>日帰りで出来るレーシック手術
<レーシックガイド>事前にレーシックの給付金を確認


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)安全なレーシックを探している方へ