<レーシックガイド>これからは裸眼で快適に生活

近いうちにレーシックを受けようと思っているのでしたら、大切なことはレーシックに関する知識を勉強するということです。
「メリット」「リスク」「術後の生活」などなど細かなところまでしっかりと事前に把握をしておくようにしましょう。 長いスパンで考えることによって、レーシックよりもコンタクトの方が高い場合もあります。
またレーシック手術を受けることで、半永久的に裸眼で過ごすことが出来るというメリットもあります。
コンタクトレンズを使用している人の中でレーシックを受けようか迷っている人は大勢いらっしゃると思います。
コンタクトレンズの価格とレーシックの治療費を比較した時、実際のところ長い目でみればレーシックの方が経済的に安くなることがあるのです。

 

コンタクトレンズの使用者にとって裸眼の快適さはとても魅力的なものでまさに夢にまでみたこともあるでしょう。
日頃の面倒くさいことが一切必要無くなるレーシック手術をして、コンタクトレンズから解放しちゃいましょう。



<レーシックガイド>これからは裸眼で快適に生活ブログ:20 8 18

手足に冷えを感じる「冷え症」は、
血行不良が原因で生じるもので、
シェイプアップの妨げにもなります。

冷えを改善するためには、
体質の内側から温めることと
体質を温める食事が欠かせません。

まず
体質を温めるには、体幹を温めることが大切です。
体幹とは「体質から手足を抜いた胴体」のことで
いわゆる内臓がある部分です。

体質は生命維持に欠かせない内臓へ優先的に血液を送るため、
冷え性の場合は手足の末端に十分に血液を運ぶことができずに
冷えを感じてしまうんです。

体質を内側から温めるには、
適度なトレーニングを意識して行ないましょう。

トレーニングは血流を良くするので、
末端まで血液が運ばれやすくなります。
代謝も上がり、脂肪が燃えやすい体質に繋がります。

40℃前後のぬるま湯に浸る半身浴も、
体質の内側から温めてくれます。
お風呂上がりには、冷え防止で靴下を履くようにしましょう。

なお、
締め付けすぎる下着や服装は血行不良なりやすいので、
ゆとりのあるものを重ね着しましょうね。

次にご飯面では、
冷え症に効果のある栄養素として
主にビタミンEとビタミンCがあります。

ビタミンEは血管を拡げて血行を良くしたり、
ホルモン分泌を調整するはたらきがあり、
ビタミンCは血液の主要材料となる鉄分の
吸収促進や毛細血管の機能を保持してくれます。

他にも生姜や唐辛子などに含まれる成分は、
代謝を上げて、体質を内側から温かくしてくれる作用があります。

寒くて冷え性が辛い季節には、
ご飯内容の見直しで改善してみてくださいね!

じゃんじゃん