<レーシックガイド>手術なので確実に成功するとは限らない

これまでのレーシック手術の歴史の中で余計に視力が悪化してしまったり失明をしてしまうという事例は国内ではありません。
しかし目にメスを入れるので絶対にリスクは無いというワケではありませんので、レーシックのリスクは理解をしておきましょう。 レーシックで視力を回復することが出来た人達は、手術前に自分自身でよく下調べをしているものです。
しかし感染症を引き起こしてしまったり、失敗してしまった人達は、勉強を怠っていたというデータがあるのでご注意ください。
レーシックによって失敗をしてしまうことは殆どありませんが、100%無いとは限りません。
人間の手によって手術がされている以上、ミスを引き起こしてしまうこともあるので、もしものためにいろいろと勉強をしておきましょう。

 

まずは病院で起こった合併症や感染症の感染率を事前に必ず確認をしておきましょう。
その時にレーシックを受ける候補に入っていたクリニックで発生率が高かったというデータがあれば、そのクリニックは避けるべきです。



<レーシックガイド>手術なので確実に成功するとは限らないブログ:17 4 18

ダイエットをする時は
「食べる事制限と適度なトレーニング」が欠かせないって
言われていますよね?

「トレーニングなんかしなくても、食べないだけでも痩せるんじゃないの?」
という疑問もあるでしょう。

確かに普段、トレーニング不足気味の人には、
適度なトレーニングというのは少々きついハードルかもしれません。

でも、
ダイエットには、
トレーニングが必要不可欠なんですよね。

その理由には、
筋肉が大きく関係しているようです。

筋肉というのは、
あたしたちのからだの中でも、
一二を争うほどエネルギーを使う場所なんです。

つまり、筋肉量が多い人は、
それだけエネルギーをたくさん使う人ということになります。

例えば…
食べる事制限をすることによって、
入ってくるエネルギーの量が少なくなってしまいます。

すると、からだは…
入ってくるエネルギーの量が少なくなるので、
使うエネルギー量も少なくしようとしますよね?

そして、最もエネルギーを浪費してしまう筋肉を
減らそうということになるわけです。

食べる事制限だけでダイエットをすると、
すぐにリバウンドしてしまうのは、
からだに筋肉がなくなってしまうことが原因なんです。

食べる事制限によるダイエットで、
体重が減ったとしても、それは一時的なもので、
ただ単に、筋肉が削げているだけとも言えます。

逆にダイエット中でもからだを動かし続けていると、
筋肉を減らすことができなくなります。

ということは、
入ってくるエネルギーを減らしながら、
今までの消費エネルギーレベルを維持することができるんですね。

そして、ダイエットが上手くいくのです!