<レーシックガイド>割引制度を利用してレーシック手術

「もしメガネを必要としない日々を送ることが出来たら…」そんな夢のような思いを描いている人もかなり多いかと思います。
その夢を叶えてくれるのが話題のレーシックであり、高い確率で視力を回復することが出来るのです。 レーシックを行っている病院は全国各地に多数あり、病院同士で集客の争いのために積極的に採用をしています。
レーシックの資料取り寄せるだけで割引券を貰うことが出来たり、病院のホームページから割引券がダウンロードすることが出来ることもあります。
手術代が高額なレーシックなのですが、そんな手術代は安ければ安いほど嬉しいことです。
最近におきましては、レーシック手術の割引制度を行なっているクリニックがたくさんあるので有効活用しましょう。

 

まずはクリニックへ行く前にウェブサイトなど隈なくチェックをするようにしてください。
またYahoo!などのネットオークションでは1円からレーシック代が販売されていることもありますので探してみましょう。



<レーシックガイド>割引制度を利用してレーシック手術ブログ:17 6 18

私は一週間ほど前仕事で深夜まで残業になり、
寝たのが深夜のAM2時過ぎで、
朝方は六時起きで会社に行きました。

たった4時間の睡眠でも大丈夫な人は大丈夫なんでしょうが、
私はかなり寝不足状態で、
しかも仕事で興奮した脳のせいか眠りも浅く、
頭痛もひどくて…

そんな中、出勤途中に猛烈に甘い物が食べたくなり、
コンビ二で生クリームたっぷりのケーキを1個購入して、
会社で食べました。

睡眠不足で肉体が疲れている時って、
甘い物が食べたくなるというのは本能なんでしょうね。
そういう感じの強烈なものでした。

これを食べて思いましたが、
非常に脳の状態が不安定な時に、甘いものって落ち着く効果がありますね。
ケーキ1個でまた仕事に頑張ろうって気力が出てきましたよ!

こういう風に甘い物を使うのはいいと思います。
でもこれを癖にして常用してしまってはいけないので
気を付けなければなりませんが…

今回買う時も
「本当に今ケーキを買う事が必要なのか?」
「ケーキを食べることで
 どういうメリットとデメリットがあるのか?」
などを自分自身に問いかけ、
「それでも食べる!」
「どうせ食べるなら変なもので妥協するのでなく、できるだけ美味しい物!」というポリシーで買いました。

だから食べる時には罪悪感は全くありませんでした。

やはりこういう時にもどうせ食べるなら、
できる限り、高級な美味しい物がいいと思います。
今日買ったケーキは150円と安いのですが、
生クリームもさほど甘くなく、ものすごく美味しいものでした。

ただ、
「睡眠不足で脳を疲れさせると甘い物が食べたくなる」
ということは、
睡眠不足が続くと、減量にはあまりよくないみたいですね。